QLOOK ANALYTICS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Twotone4制作開始!たぶん

ついにMr.TwoTone4の制作にとりかかりました。

Mr.TwoTone3RPGツクールXPで作ったのですが、


・ツクールの要素アニメーション以外使ってないのにRTPがいる

・かゆいところに手が届かない

・その他もろもろ


以上の理由で不満があったんですね。

というよりそもそも、3なんて大層な名前ついてますが、やっとforループ覚えましたくらいのレベルからプログラミングの練習と一緒に作り上げたゲームがMr.TwoTone3なんですよ。


つまるところクソコードの塊なんですね。


なので今回は


・RTPを用いずに動く

・かゆいところはかく

・プログラムコードの最適化


こんなところをメインとしてMr.TwoTone4を作ってみたいと思います!



そこで、いったいどうやって作ってやろうかと模索していたところ、

MiyakoというRubyのフリーゲームライブラリを発見!

さっそく導入して使用してみたところ様々な機能が使いやすく用意されていてすばらしい!!


すばらしいのですが、使いやすさ故に制限されてしまう印象を受けました。


さらに調べてみるとMiyakoはRuby/SDLを用いていることがわかり、すこし根本から行ってみようと思いました。

しかしRuby/SDLは画像にアルファチャンネルがある場合、サーフェス(絵を描くキャンバスみたいなもの)自体の透明度が変えられないという驚愕の事実!!!

つまり、半透明の画像をプログラム中でさらに半透明にすることができないということがわかり萎えました。


さらにさらに調べを進めてみるとStarRubyという2Dゲームライブラリを発見!

このStarRubyとやらは、見てみると本当に基本的なゲームループや画像処理、その他マルチメディア処理があるだけで、使いやすさは劣るものの、自由度が高い印象でした。


というわけで、これでRPGツクールのようなSpriteやBitmapの概念をオレ仕様で作れば自分にとって最高にゲームを作りやすい環境なるぜ!!

という安易な考えでStarRubyを用いてMr.TwoTone4を制作することに。


現在の進捗はSpriteやBitmap、InputとSceneの概念はほぼ完成しています。

というよりBitmapとInputはStarRubyでほぼやってくれてます。(ありがとうございます)


さて、次はWindowあたりを作ろうと思ってますが、まあ結局のとこウインドウはスプライト集めるだけで、SpriteSetというスプライトをまとめてネスト構造を作れるクラスを作ってあるのでほぼ問題ないと思います。


はい、ほとんど自分専用覚え書きでした。

関連記事

tag : Mr.TwoTone4 StarRuby RPGツクールXP Mr.TwoTone3

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ほう

いつの間にかそんな企画を打ち立てていたのか。


期待。
プロフィール

gentlawk

Author:gentlawk
「BlueRedZone」を運営
Rubyが大好き
主にゲームプログラミングに取り組む
拍手がつくと地味に喜ぶ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Twitter
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。